SONORELogo

あらゆるDACを最先端のネットワークオーディオプレイヤーに

光LAN対応ネットワーク・アタッチト・レシーバー(NAR)
Signature Rendu SE optical


 Signature Rendu SE opticalは独自OS Sonicorbiterを搭載する同社のNARの中でも、リニア電源をはじめとしたオーディオグレード設計、アルミフロントパネル&スチール筐体に、考え抜かれたパーツ・基板配置とワイヤリング、加えて光LAN対応SFPポート搭載を盛り込んだ、ハイエンドオーディオとして相応しいフラッグシップモデルとなります。
 複合多機能であるDELA/fidataといったオーディオ用NASのDLNAサーバー機能のみを利用し、NAR Signature Rendu SE opticalにUSB-DACを接続することで、ネットワークオーディオのセパレート化=高音質化ができるのです。またハイエンドオーディオとして相応しいサウンドクオリティを実現させるにもかかわらず、Signature Rendu SE導入前後の再生操作スタイルは全く同じである事も強力なアドバンテージと言えます。

接続例

 Signature Rendu SE opticalにはネットワーク接続用にSFPポートが搭載されています。付属している2種のSFPモジュールを差し替えることにより、光LAN接続、従来のLANケーブルのどちらにも対応します。


独自OS Sonicorbiter

 SONOREが開発した独自OS Sonicorbiterは、オーディオ再生に特化しています。Sonicorbiterは汎用OSと異なり、軽量かつ一定の負荷で動作することで、ノイズフロアが低く抑えられています。OSレベルからチューニングしたSignature Rendu SE opticalに接続されたUSB-DACは、真の意味で実力を発揮することができるのです。

リニア電源をはじめとしたオーディオグレード設計

 Signature Rendu SE opticalは、日本仕様の特注トランス、大容量のMundorfコンデンサを用いたリニア電源を搭載しています。SONOREはこのトランスを採用するために、トロイダル型やEIコア型のトランスを複数種類にわたり試聴を実施し、大変厳しくテストを行いました。そして、ヘッドルームに優れ、且つ空間表現が巧みな、米Mercury Magnetics社と共同開発した特注EIコアトランスを選び出します。この良質なトランスがアメリカ製であることも、クオリティを裏付けるポイントとなるでしょう。
 また、電源容量に対して3倍の容量の超高品質なMundorfコンデンサを搭載することで、安定的な動作を十分に担保しながら、同時に気になる電源ノイズすらもしっかりと低減させています。
 メイン基板では11個の高品質超低ノイズのレギュレーター、2つの単一周波数超低ジッターFemtoクロックを用いています。電源ノイズを最小にし、今や現代的オーディオのキーデバイスとして定着したFemtoクロックすら惜しみなく採用することによって、USB-DACへのデータ出力を新次元のクオリティで達成できています。

アルミパネル&スチール筐体

 アルミニウムとスチール(鉄)は、外観的な美しさではアルミニウムが優れている一方で、同じ厚みのシールド性能/剛性はスチールの方が優れています。Signature Rendu SE opticalは極厚鏡面仕上げのアルミニウムをフロントパネルに、スチールを筐体に用いています。フロントパネルの美しさ、スチールのシールド特性、筐体剛性、双方の材質の良さを生かしています。Signature Rendu SEの外観やその造りは、オーディオラックの中で他のハイエンドオーディオ機器の外観に見劣りすることなど決してない、大変高いクオリティです。

考え抜かれたパーツ/基板配置とワイヤリング

 Signature Rendu SE opticalは余裕を持った筐体サイズにすることで、内部のパーツ配置に自由度を持たせました。トランスの磁束漏れによる他基板への影響を最小とするために、トランスは離して設置し、合金シールドで分離しています。これらのトランス/基板は一般的なコネクタ接続ではなく、電気抵抗、長期安定性に優れたはんだ付け、接点保護を行った銅合金製ネジ端子によって接続されています。合わせて、内部配線にはテフロン絶縁体の極太銀メッキ線が用いており、アッセンブリー上の細やか点にも万全な配慮が尽くされています。
 デジタル回路の振る舞いを見据えると、過渡特性という観点はオーディオ機器として非常に重要な要素の一つです。Signature Rendu SEでは、リニア電源部をあえて同一筐体内に配置することで、ケーブル距離とコネクタによる損失を最小にとどめています。この構造は、電源とメイン基板間の低インピーダンス化を実現し、結果として電源の過渡特性に優れるというオーディオ的に大変良好な効果を導き出します。

光LAN対応、オプティカル・アイソレーション

 Signature Rendu SE opticalはSFPポートを搭載しており、光LANに対応しています。LANケーブルによる通信ではパルストランスを用いて絶縁を行なっていますが、低周波、高周波ノイズを完全に取り去ることはできません。光LANを使ったオプティカル・アイソレーションでは、光ファイバーケーブルにより物理的結合を完全に切り離すことができるのです。ネットワーク上流から伝播するノイズの影響を全く受けない、ノイズフリーの状態でNARが動作するようになるのです。


Signature Rendu SE opticalは独自OS SonicorbiterによるUSB-DAC出力が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、設計、パーツの選択からその配置、配線まで極限までハードウェアのチューニングを重ねました。ネットワークオーディオ新時代とも言うべきオーディオクオリティはここにあるのです。

オーディオグレードをベースにしたハードウェア構成とソフトウェア仕様

ハードウェア

  • 日本カスタム仕様のトランスを使用したリニア電源
  • 11個の高品質超低ノイズのレギュレーター
  • 2つの単一周波数超低ジッターFemtoクロック
  • DDR3 RAMを装備したマルチコア・プロセッサー
  • それぞれの特性を生かしたアルミニウム&スチール筐体
  • 考え抜かれたパーツ/基板配置とワイヤリング
  • オプティカル・アイソレーションに対応するSFPポート

ソフトウェア

製品の仕様

OS:SONORE Sonicorbiter OS
入力:SFPポート
1000BASE-SX(付属のSFPモジュールを用いる場合)
1000BASE-T(付属のSFP-RJ45モジュールを用いる場合)
出力:USB Audio Class 2.0準拠USB A端子
対応フォーマット:PCM44.1kHz ~ 768kHz, DSD64 ~ DSD512(Native , DoP)
対応ネットワークプロトコル:Roon RAAT, DLNA/OpenHome, MPD, Squeezelite, HQ Player NAA, Spotify Connect, SongCast
電源電圧:100V AC
消費電力:25W

大きさ(足、突起物含まず):320mm(幅) x 268mm(奥行き) x 68mm(高さ)
重量:4.7kg

標準的な小売価格:580,000円(税別)
JAN:4589631464611
受注生産、標準的な納期 1か月

※仕様は予告なく変更となる場合がございます

オプション
※SONORE並びに輸入代理店Top Wing Cybersound Groupによって動作検証済み

OM1 マルチモード
光ファイバーケーブル

長さ:1m
標準的な小売価格:5,000円(税別)
JAN:4589631463607

長さ:2m
標準的な小売価格:5,500円(税別)
JAN:4589631463669

長さ:3m
標準的な小売価格:6,000円(税別)
JAN:4589631463614

長さ:5m
標準的な小売価格:6,500円(税別)
JAN:4589631463676

長さ:10m
標準的な小売価格:8,000円(税別)
JAN:4589631463621

長さ:20m
標準的な小売価格:10,000円(税別)
JAN:4589631463683

1000BASE-SX対応
SFPモジュール

光ファイバーコネクタ:2芯LC
対応光ファイバー:マルチモード光ファイバー

標準的な小売価格:5,500円(税別)
JAN:4589631463591

※仕様は予告なく変更となる場合がございます